ドラクエ10 今のプレイヤーは知らない?修正されたバグ技&強すぎた特技集 バトル編

スポンサーリンク
ゲーム
スポンサーリンク

こんにちは、今回はドラクエ10からバグ技&強すぎた技を紹介します
ただし、修正済みなのでもうできないので必要です
画像は取ってこれないのでライバルズからもってきました
課金切ってるし・・・

スポンサーリンク

バトル編

ドラクエといえばバトルメインイメージですね。つまりいきなりラストスパート
紹介してまいります!あまりに数が多いため今回はバトル編だけにしました。

倍率1.5X3? タイガークロー

修正といえばやっぱこれじゃないでしょうか
このゲームの代表とも言える特技で修正も多いので下の表を見てね!

タイガークローの歴史

Ver1.0  倍率1.5x3 mp3  アタッカー最強 右に出るものなし、完全無敵

Ver1.1    1.5x3 mp3→mp5

ver1.4   1.3x3 

Ver2.1    1.3+1.2+1.1 発動時間0→1秒くらい  超大幅弱体

Ver3.5後期 1.3x3 ツメ復権

番外編

ver2.0までコロシアムで発動時間0 1.5x3の倍率でPVPで使用できた
Ver2.1からの修正で 発動時間が超鈍足(フィールド戦闘の2倍くらい?)になってしまった関係でツメの時代が一度終わる
   CT技の話題はまた別の機会に 3.5後期からライガーは2.5倍x5とかいうなよ!?

参考にほかの特技

蒼天魔斬(発動時間2.3秒、1.3倍
渾身斬り(発動時間1.5秒、1.5倍
天下無双(発動時間3.5秒、0.5倍×6

まあぶっちゃけ昔のタイガーやばかったよね、今はアタッカー職ある程度すみわけできてるイメージ

最強の呪文ザキ

過去作のザキを思い出してもらえるとわかると思うんですけど決まりさえすれば一撃必殺です

ドラクエウォークでも人食い箱をはじめ使われますけど殺意が。。。

ってことで、ザキの説明
なんとこの特技ver1.0では

耐性さえなかったらどんな強敵にも入ってしまう

どれくらいやばいかというと、ザキ取得さえしてしまったら
当初のレベルキャップ50で、適正レベル90とかのモンスターでもザキさえ入ってしまえば倒せてしまうってことです。

僧侶しか覚えませんが、最強のヒーラーにして最強のリーパーって感じでした

ver1.1には修正

成功率を回復魔力パラメータ依存から一定確率に変更しました
自分より強いモンスターに対する成功率を下げました

されて使う人もネタで使う人くらいしかみないくらいに大幅弱体をもらいました。

複数回攻撃時、2回目以降の攻撃時にも行われていた状態異常付与

ver1.4で修正された内容ですね

修正内容は
複数回攻撃時、2回目以降の攻撃時にも行われていた状態異常付与の判定を、1回目のみ行うように変更しました。

・ムチ、ブーメラン、二刀流の左手攻撃(左手の2回目は除く)、戦士の証で発生する2回目の攻撃については、これまで通りに状態異常の判定を行います。

これバグだったらしいです。実装当初?から存在してたのに1.4まで引っ張った意味とは。。。
(おそらくタイガークローが原因)

これは結構簡単に説明します
ドラクエ10ではタイガークロー(3回)天下無双(6回)みたいな感じに
連続攻撃いわゆる多段攻撃が存在します。
(はやぶさの剣も該当)
連続攻撃全てにルカニ12%ヘナトス12%みたいな錬金効果とよばれる特殊効果が発動するようになっていました。

個人的には当初はツメだけでよかったのでは?って思ってます。
ちなみにタイガーの倍率下方と同じタイミングなんでツメはダブルパンチでしたね

天地の構えでツール使用せずオートレベリング

ツールで使ってレベリングする人がオンラインゲームには存在するみたいなんを聞いたことがありますけど、これはver1.0の頃にできたほぼ公式オートレベリングです
まあ、バグだった模様で
ver1.0のうちに修正されてもうできません

内容としては、

棍スキル100で覚える天地の構えを利用したもので

天地の構え 説明
バグ当初
通常攻撃をカウンター+構えてる時間が長い+追加行動もできた
修正内容
追加行動不可構える時間の減少


物理攻撃しかしてこない仲間を呼ぶ系のモンスター(このころではアロエおにが代表
と戦闘中に天地のかまえを使用し、放置してると
攻撃か仲間を呼ぶしかしてこないので、最大数のアロエおにA~Z
を倒しきるまで放置すれば勝手に経験値が稼げたという感じです。

経験値だけでもなかなかエグいのですが、それよりも狩場を占有してしまうのも公式はよくないと思ったみたいです。

このことのせいもあってかver1.1ではA~Lまでの12体までしか一度の戦闘で同じ種類のモンスターは倒せなくなりました。

最強の護身装備クロスペンデュラム

ver3.1前期に流行して

1700人ものBANをだした伝説のバグ技というかここまでくると事件ですね

内容は簡単で、クロスペンデュラムを装備して

みのがす
格下レベル+4までのモンスターのうち即死無効ではないモンスターにのみ効果があり。
そのモンスターが逃げ出すというものです。 

を使用すると、耐性いくらあってもクロスペンデュラムの基礎効果である

状態異常の成功率 +10%

優先されて、ボスモンスター含みどのモンスターでもみのがすが効いてしまうというバグでした。
これを利用し、ストーリーボスハイエンドコンテンツのボスまでも効いてしまうので
報酬狙いで使用するということが横行していました。

実際クロスペンデュラム実装流行より少し前で、気づいていた人はいたかもしれないが、
よく発見されたなあと感心します。

一部では裏技で、バグではないと思って使用してたという声も拝見された

はぐめた無限増殖

Ver1.2で発覚したバグで、

ver1.2で実装された魔法の迷宮といわれる、オートマッチングコンテンツこと現在のドラクエの過疎の原因 で、乱用されたバグです。

手順
1はぐメタコインを魔法の迷宮で仕様 
2隠し部屋にははぐめたがいる
はぐめたを倒した後に回線を切る
はぐめた復活 以後エンドレス

と、経験値を無限に稼げたというバグ技です

ちなみに初のBAN対象者をだした、事件でもありますね

ミラブもろばで無限回復+超高火力

Ver3.0でのもろばぎりの上方修正
1.5倍撃・反動25%→3.2倍撃・反動35%

バトルマスター

ミラクルブースト
 (一定時間与えたダメージの50%分HPが回復する状態になるとともに、攻撃時に1/2の確率でテンションが1段階上昇する。 )

を組み合わせた通称ミラブもろばと呼ばれるコンボが流行しました。
このころはミラクルブースト回復もろばぎり反動ダメージが同じタイミングだったため、使用することが出来た。

内容は ミラクルブースト+もろばぎりを使用し
前述の天下無双の火力(0.5x3)より火力をだしながら、hpの回復までできてしまうという技でした。
発動速度2秒+行動速度2秒という超最速

その後の修正では
もろばぎりの反動ダメージ→ミラクルブーストの回復
となったため、現在ではミラブもろばをするときは残りHPとテンション確認しながら使用しないといけない。(出来ないって感じ)

遊び人の口笛

ver4.3から追加された現在最新職業遊び人ですが

ドラクエではおなじみのくちぶえを取得します。

一応2.0から追加されたまもの使いという職業のえものよびという特技もあったのですがそれを凌駕するスピードモンスターを呼んでいたのです。
ちなみに遊び人のくちぶえメタル系も一定確率で呼んだモンスターにくっついてきます
(なんとメタルキングも出現します)

わかりやすくまとめると
くちぶえ  発動時間ほぼ0
えものよび 発動時間4秒か5秒ほど

で雲泥の差でしたが、4.3のうちに修正されて
どちらも発動時間2秒ほどになりました。

メタルがくることに関しては修正なし

総評

もっとあるかなっておもったのですが、あんまりなかった
というか自分に確信を与えたのがこれくらいかなって感じです。
みのがすバグはどっちにあてはめたらいんだろうって思いました。
全部まとめるとものすごい量になるので、バトル編とシステム編くらいに分けようと思います。


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました